About us

子どもの頃に乗ったブランコ。

空にむかって気持ちのいい風を頬にうけて、どこまでも高く、遠くに行ける気がした。

大人になってもブランコに乗ったあの時の心地よい、自由な感覚を忘れずにいたい。

旅をすると、日常の喧騒から逃れて新しい価値観に出会い、

型にはまっていた自分の殻を破って、新しい自分に出会うきっかけになる。

そんな想いから、Blanco という小さな会社をオーストラリア最東端のまち、

バイロンベイでつくりました。

Hiromi

Hiromi

千葉県生まれ。上智大学文学部心理学科大学卒業後、外資系金融機関に5年間勤務の後、独立。インターネットメディアgreenz.jp起業、FMラジオJ-WAVE Lohas Sunday ナビゲーターを務め、サステナビリティをテーマに執筆、講演、企業のブランディングなどを多く手がけるうち、よりシンプルに自然とともに生きる本質的な豊かさの追求がテーマに。9年越しの夢を叶えるため、2015年Blanco を設立。サーフィンやヨガ、語学留学、自然体験を組み合わせたツアーの企画や手配、メディアへの執筆、通訳、現地コーディネートなどを手がける。より詳しいプロフィールはこちら

Nick

Nick

ニューサウスウェールズ州ニューカッスル出身。父親の影響で幼少の頃よりサーフィンをはじめ、オーストラリアサーフィントレーニングの最高峰として名高いハイパフォーマンスセンターの第1期奨学生としてコーチングを受け、10代の頃からサーフィンのコンテストASP WQS を中心に世界を転戦。高知、白馬、千葉などに合計2年間滞在。日本人プロサーファーとの親交もあつく、日本とオーストラリアをつなぎ、お互いのサーフカルチャーやローカルのライフスタイルをシェアすることをビジョンにBlanco 設立。より詳しいプロフィールはこちら

What we do

Adventure

暮らすように旅する

バイロンベイのゆったりとした空気感とライフスタイルに身を任せ、大自然を存分に味わっていただくために、サーフィン、ヨガ、森や滝へのハイキングなどの各種アウトドアアドベンチャーの手配のほか、地域のコミュニティを訪ねたり、実は教えたくないとっておきの場所や、地元で人気のグルメスポットなどへご案内する旅をコーディネートしています。

Catering

食べることは生きること。生きることは食べること。

マクロビオティックの理念をベースに、バイロンベイの肥沃な土壌で採れた旬の野菜と地域の食材を組み合わせた日本食のクッキングクラス、イベントやパーティーへのケータリング、味噌作りのワークショップなどを開催しています。

Creative Management

カルチャーの架け橋に。

バイロンベイのローカルビジネスやコミュニティとのリレーションシップづくりをサポートします。ブランドや商品の広報宣伝、取材対応、ロケハン、メディアコーディネート、通訳、イベントやワークショップの企画などを行っています。

Blog

バイロンベイのシークレットビーチへご案内。

去年の年始に遊びに来てくれた、みやびさん、たけさんご夫妻。 今年も年始早々、バイロン2回目のトリップ。 すっかりハマってしまったようです。 カフェの仕事がお休みの日に、サーフコンディションをチェックして 向かったのは、風をかわすシークレットビーチ。 何よりもこの絶景、絵葉書のようのビーチを 味わってもらいたくて。 ポイントまでは、急な崖を15分ぐらい下っていくので けっこうなアドベンチャー。 「え、ここ下って行くんですか。。。?」とお二人。   サイズは、頭ぐらいとパワーもあり、 お二人は初めてのポイントにややビビり気味。...

続きを読む

コアラのように穏やかに。2019年、あけましておめでとうございます。

一年で一番バイロンベイが賑わう季節、 クリスマス&年末年始。 私の職場、BAYLEAF CAFE  (昨年11月にリノベーションし、隣店の姉妹店LEAF&GRAINが吸収合併され、 いまは、BAYLEAF CAFEの1店舗に統合されました) 一年中お客さんで溢れているけど、この季節はまた格別に、 目が回るぐらいほんとーーーうに忙しい。 朝5時半から営業終了午後2時まではひっきりなしに お客さんがきて、常に満席状態。営業終了後も 翌日の仕込みと準備で、おわるのは早くて4時過ぎ。 1日11時間以上の重労働、暑いキッチンで...

続きを読む

毎日がグランピング!大自然の中のタイニーハウスへお引越し。

バイロンベイは人口3万人(市街地含む)の小さなビーチタウン ですが、年間200万人の観光客が世界中から訪れ、 クリスマス近辺のピークシーズンはもちろんのこと 比較的静かだった真冬でも混み合うようになってきました。 加えて、オーストラリア国内外からこの町に住みたいと訪れる 旅人、学生、ビジネスパーソン、家族などの長期滞在、 定住者もいれると、年々人口も増加。 バイロンベイの環境危機、新たな宅地開発問題の記事 でも書いた通り、いま定住者が住める家や部屋が 圧倒的に少なく、しかも爆発的に増えているAirBnBの...

続きを読む

Instagram

Photography Credit- Carly Brown, Chrystal Dawn