About us

子どもの頃に乗ったブランコ。

空にむかって気持ちのいい風を頬にうけて、どこまでも高く、遠くに行ける気がした。

大人になってもブランコに乗ったあの時の心地よい、自由な感覚を忘れずにいたい。

旅をすると、日常の喧騒から逃れて新しい価値観に出会い、

型にはまっていた自分の殻を破って、新しい自分に出会うきっかけになる。

そんな想いから、Blanco という小さな会社をオーストラリア最東端のまち、

バイロンベイでつくりました。

Hiromi

Hiromi

千葉県生まれ。上智大学文学部心理学科大学卒業後、外資系金融機関に5年間勤務の後、独立。インターネットメディアgreenz.jp起業、FMラジオJ-WAVE Lohas Sunday ナビゲーターを務め、サステナビリティをテーマに執筆、講演、企業のブランディングなどを多く手がけるうち、よりシンプルに自然とともに生きる本質的な豊かさの追求がテーマに。9年越しの夢を叶えるため、2015年Blanco を設立。サーフィンやヨガ、語学留学、自然体験を組み合わせたツアーの企画や手配、メディアへの執筆、通訳、現地コーディネートなどを手がける。より詳しいプロフィールはこちら

Nick

Nick

ニューサウスウェールズ州ニューカッスル出身。父親の影響で幼少の頃よりサーフィンをはじめ、オーストラリアサーフィントレーニングの最高峰として名高いハイパフォーマンスセンターの第1期奨学生としてコーチングを受け、10代の頃からサーフィンのコンテストASP WQS を中心に世界を転戦。高知、白馬、千葉などに合計2年間滞在。日本人プロサーファーとの親交もあつく、日本とオーストラリアをつなぎ、お互いのサーフカルチャーやローカルのライフスタイルをシェアすることをビジョンにBlanco 設立。より詳しいプロフィールはこちら

What we do

Adventure

暮らすように旅する

バイロンベイのゆったりとした空気感とライフスタイルに身を任せ、大自然を存分に味わっていただくために、サーフィン、ヨガ、森や滝へのハイキングなどの各種アウトドアアドベンチャーの手配のほか、地域のコミュニティを訪ねたり、実は教えたくないとっておきの場所や、地元で人気のグルメスポットなどへご案内する旅をコーディネートしています。

Catering

食べることは生きること。生きることは食べること。

マクロビオティックの理念をベースに、バイロンベイの肥沃な土壌で採れた旬の野菜と地域の食材を組み合わせた日本食のクッキングクラス、イベントやパーティーへのケータリング、味噌作りのワークショップなどを開催しています。

Creative Management

カルチャーの架け橋に。

バイロンベイのローカルビジネスやコミュニティとのリレーションシップづくりをサポートします。ブランドや商品の広報宣伝、取材対応、ロケハン、メディアコーディネート、通訳、イベントやワークショップの企画などを行っています。

Blog

オーストラリアの冬の大自然を丸かじり!ホエールウォッチングとスノーボードトリップ!

常夏のシメルー島から帰国して 旅の余韻に浸りつつも、ここバイロンベイでの外遊び、 大自然は飽きることがありまません。 さすがに赤道直下の生暖かい海水でのビキニサーフィンから (いくらあったかいとはいえ)真冬のバイロンでのウェットスーツに 着替えてのサーフィンは、ちょっと気合がいる。 でも、真冬のアウトドアだからこそ、楽しめる アクティビティもたくさん。 毎冬から初春、7月から10月頃にかけては ザトウクジラの群が北上する様子が肉眼でビーチや 灯台からみられます。 そこで、友人のカヤックを借りて、いざバイロン灯台起きへ!...

続きを読む

シメルー島サーフトリップ!

スリランカガールズサーフトリップ以来、1年半ぶりの海外旅行! 今回の旅先は、インドネシアはスマトラの北、シメルー島。 オーストラリアからは、 エアアジアでゴールドコーストからクアラルンプールまで8時間、 クアラルンプールからスマトラ島の北の玄関口であるメダンへ1時間半 メダンから国内線で1時間でシメルー島へ、とけっこうな長旅。 手つかずの自然に素朴な暮らし、 フレンドリーなローカルたち、 ゆったりとしたアイランドタイムが流れる 可愛い島です。パプアニューギニアを思い出します。...

続きを読む

We Are All Going To Die.

突然ですが、みなさんは「死」ということについて 向き合ったことはありますか? 愛する家族の死、友人の死、ペットの死。 病気であったり、不運の事故や、天災など。 誰かと永遠に別れるというのはとっても辛く 悲しいことです。 私もこれまで何人かの大切な人を亡くし、 悲しみ、悔やんだこともあります。 でも、人はいつかは、みな老いて、いずれは死に向かっていく。 それは避けられない事実。 「死」ということに直面したり、想像するだけで、 なんともいえない不安や喪失感、虚無感に襲われるかもしれません。 重たいテーマのように聞こえて...

続きを読む

Instagram

Photography Credit- Carly Brown, Chrystal Dawn